おまたが臭いのはすそわきが

生理中におまたが臭いなら『すそわきが』かも

 

おまたが臭い原因は基本的には雑菌が繁殖をしているのが原因です。
しかし、例外もあります。それが『すそわきが』と呼ばれるアソコのわきがです。

 

脇だけではなく、アポクリン汗線と呼ばれる汗を分泌する器官は陰部にもあります。
そのため、アソコのわきがも当然あるのですね。

 

すそわきがの特徴としては生理中に強度の臭いを発してしまうことが多いことです。

 

生理後に関してはそこまで臭わないものの、生理前ぐらいから強烈な異臭を発するようになってくるのであれば、すそわきがである可能性がでてきます。

 

そのため、雑菌が原因で臭いを発している人よりも丁寧なケアが必要となります。

 

すそわきがの人が行うべきケアの方法

 

あなたの臭いの原因がすそわきがだとしてもケアの方法に大きく変わるようなことはありません。
ただ、できれば丁寧なケアを行う必要がでてくる場合があります。

 

基本的なケアの方法としてはモコモコの泡でデリケートゾーンを丁寧に洗うことです。
ゴシゴシ洗いではなく、泡でやさしく触る程度のイメージです。

 

泡に汚れがからみついて落としてくれます。
他に今ある臭いの元であるデリケートゾーンの臭いケア用のデオドランドクリームを使えば良いです。

 

雑菌を抑える働きだけでなく、美容成分が配合されているものが販売されています。
おまたのケアも行うことでバリア機能を高め、雑菌が繁殖しづらい状態を作りだすことができます。

 

臭いケアをしても異臭が止まらない場合の方法

 

毎日、丁寧に洗いデオドランドをしているにも関わらずすそわきがの臭いが止まらない人もいます。
症状が大分悪化している人ですめ。

 

もし、そうであれば日ごろ使用しているソープをデリケートゾーン用に変更するようにしましょう。

 

臭いを発する原因は雑菌の繁殖と汗線です。しかし、普通の石鹸では洗浄力が高く皮脂を落としすぎてしまったり、肌に刺激のある成分が配合されていることもあります。

 

皮脂は多少、肌に残しておかなければ体内で過剰に分泌をする原因となります。肌の乾燥を防ぐ役割なども行っているので、肌に皮脂が付着していないと普段よりも多く分泌をするのですね。

 

そのため、臭いを発する原因になってしまっているのです。
また、肌に刺激を与えるのもよくありません。

 

刺激を与えることで肌の働きを低下させてしまう原因にもなりかねません。そのため、バリア機能が正常に働かずに雑菌が繁殖をしてしまう原因にもなります。

 

デリケートゾーンと呼ばれるだけあって、皮膚は薄く刺激に弱くなっているので洗う際に気おつけなければならないのですね。

 

本来であれば最初からデリケートゾーン石鹸を使うにこしたことはありません。しかし、化粧品にお金もかかりますし、デオドランドを購入する費用も考えなければなりません。

 

そのため、できるだけ安くしたいって人であれば上記の通常のケアを行い、それでも異臭を発するのなら石鹸を変えてみるようにしましょう。

 

こういう私も臭いには長年悩まされ続けてきました。
臭いを解消した体験談も紹介しているので興味のある方はご覧ください。
デリケートゾーンの臭いケアをすると決意